位於宮田村的Public Record成為世界唯一母盤製造商,支撐音樂文化產業

  • 流覽次數:: 47
  • 分類: 產業區
  • 分享次數:
  • 作者: 音樂地圖
  • 位於宮田村的Public Record成為世界唯一母盤製造商,支撐音樂文化產業

      202012/2208:01

    ◎位於宮田村負責錄製音樂、影像及CD製作的Public Record,長久以來也負責生產黑膠唱片的母盤,今年2月美國加利福尼亞州的母盤製造工廠發生火燒毀,Public Record成了全世界唯一的母盤製造廠商,近期黑膠唱片人氣上升,Public Record做為世界上僅存支持唱片文化的產業備受注目。
    ◎Public Record於黑膠唱片的全盛期1976年創業,1982年作為日本國內唯一的母盤工廠,開始製造黑膠唱片母盤,以鋁製圓盤研磨並塗上特殊塗料,因為製作過程會直接影響到音質,需要精細高品質的技術,嚴格管理工廠溫度和濕度,且為避免擦傷及灰塵,每一片都需要人工製造,主要製造尺寸為35cm及25cm。
    ◎但因CD普及,黑膠唱片產量隨之減少,根據日本唱片協會調查,80年代後半是黑膠唱片產量高峰,2010年產量銳減至10萬5千張。當時的社長也曾考慮要從黑膠產業收手,但最後還是將產線繼續到今天。黑膠唱片在近年以歐美為中心人氣高升中,日本的產量也出現回升。尤其美國的工廠被大火燒毀後,來自外國的訂單增加,現在每月平均約生產1.2萬張外銷至國外,現任奧田社長表示將陸續增加產線,保護黑膠唱片文化。

    詳細全文:

    音楽や映像の収録、CD製作などのパブリックレコード(宮田村)が、アナログレコードを作る型材となる「マスター盤」の製造に力を入れている。2月、米カリフォルニア州の製造業者の工場が火災で全焼したため、マスター盤を作れる世界で唯一の業者になった。アナログの優しく、繊細な音が再び脚光を浴びつつある中、レコード文化を支える企業として注目されている。
    同社はレコード全盛期の1976(昭和51)年に創業。82年から国内唯一の工場として、マスター盤の製造を始めた。アルミ製の円盤を研磨して特殊な塗料でコーティング。音質に直結するため、細部まで高い品質が求められる。温度や湿度を管理し、反りや傷、ほこりなどがないよう1枚ずつ手作業で製造。主に直径約35センチ、25センチを扱う。
    ただCDの普及に押され、アナログレコードの生産枚数は減少。日本レコード協会(東京)によると、80年代後半をピークに国内生産量は2010年に10万5千枚まで落ち込んだ。奥田憲一社長(72)は、撤退すべきか迷ったが、わずかでも受注があるなら―と、製造を続けてきた。
    アナログレコードは近年、欧米を中心に根強い支持を集め、国内生産も回復傾向。奥田社長は「レコードは若者には新鮮で、年配者には懐かしさがあるのではないか」とみる。国内の人気アーティストによるアナログ盤のリリースも増えつつある。
    米国で発生した火災で、世界で唯一のマスター盤製造業者になった。海外から生産について問い合わせが相次ぎ「製造業者として責任を感じるようになった」と奥田社長。生産枚数を増やし、現在は月平均約1万2千枚を国内外に出荷。「生産体制を強化し、レコード文化を守っていきたい」と意気込む。

     

    信美web
    https://reurl.cc/pyWovr