倖田來未在早上的現場節目上演唱發生突發狀況,堪稱音樂史上最大放送事故

  • 流覽次數:: 144
  • 分類: 產業區
  • 分享次數:
  • 作者: 音樂地圖
  • 倖田來未在早上的現場節目上演唱發生突發狀況,堪稱音樂史上最大放送事故

      202003/2303:40

    ◎2月19日倖田來未在早上的直播節目上演出,預計現場演唱2005年拿下唱片大賞的歌曲〈Butterfly〉,這是一首沒有前奏直接演唱的歌曲,倖田來未在一開口的第一句歌詞就稍微走音,然後就止不住笑場,歌聲也抖了起來,自己立刻笑者說「等等…」「對不起,麻煩再一次」現場請求要再重來一次。
    ◎這個預期外的小狀況立刻引發現場爆笑,旁邊的主持群也只不住笑意,倖田來未自己也直道歉,表示反省,少見的重新開始。第二次重唱剛開始時雖然也稍微笑場,但總算重振起鼓把歌完整的唱完,之後也帶來帥氣的表演震懾全場。
    ◎表演結束後倖田來未也直道歉,說自己非常緊張,早上現場節目的這個小凸槌的意外狀況播出後,網友上紛紛表示「這可以獲得NG大賞了」「這是音樂史上最大的放送事故吧哈哈」「反而好感度提高了阿」「第一次看到直接自己停止表演的哈哈」「現場演唱走音的倖田來未反而有點可愛!」等,稍微凸槌的意外反而讓好感度提高,不只帶來性感和帥氣,還外加有點搞笑的表演被打了滿分。

    詳細內文:

    女性ソロ歌手の倖田來未が、朝から生放送で〝ズッコケ〟の光景を見せつけてしまった。
    2月19日、倖田は朝の生放送番組『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。デビュー20周年を記念し、司会『ハリセンボン』近藤春菜の冠コーナー「HARUNAまとめ」で生歌を披露することになった。楽曲は視聴者投票で決まり、2005年に『レコード大賞』を受賞した代表曲『Butterfly』に決定。倖田はもう一方の候補だった『愛のうた』だと思ったと意外さをにじませるが、スタンバイして生歌披露に入っていく。
    しかし、イントロなしで歌い出しに入る曲のためか、若干ながらいきなり音を外してしまうハプニングが。直後には照れ笑いが隠し切れず声が震えてしまい、倖田は「ちょっと待って…」「ごめん、もう1回(笑)」と自ら仕切り直しを要求した。
    「ちょっと好感度上がったわw」
    予想外の出来事にスタジオは爆笑し、倖田・近藤・バックダンサー・水卜麻美アナの全員が満面の笑みを浮かべる事態に。倖田自身も「声が…震えちゃって…」と反省を表し、まさかの歌い直しに入っていく。
    思い出し笑いをしてしまったのか、2回目も先ほどと同じパートで若干笑ってしまう倖田。しかし、今回は何とか歌に影響がないレベルにとどめ、その後はおなじみのクールなパフォーマンスでスタジオを沸かせていった。
    歌唱後の倖田は「すいませーん!」「めっちゃ緊張しいで!」「ヨレヨレで歌ってました…」と恥ずかしげにコメント。朝からズッコケの光景となったが、ネット上には、
    《これNG大賞レベルwww》
    《音楽史上最大級の事故だろwww》
    《愛のうただと思ってた喉になってんだろうなwww》
    《ちょっと好感度上がったわw》
    《曲止めた人初めて見た笑》《生歌で音外しちゃう倖田來未かわいかったwww》
    などといった声が広がり、抜けた姿にかえって好感度が上がったようだ。
    〝エロ〟〝かっこいい〟だけでなく笑いまで提供するとは、パフォーマーとして満点だ!

     

    excite
    https://reurl.cc/24x9mn