ASKA個人宣布退出恰克與飛鳥,恰克表示還會為粉絲繼續唱自己的音樂

  • 流覽次數:: 58
  • 分類: 產業區
  • 分享次數:
  • 作者: 音樂地圖
  • ASKA個人宣布退出恰克與飛鳥,恰克表示還會為粉絲繼續唱自己的音樂

      201909/1602:55

    ◎飛鳥涼25日在官方部落格發出聲明,與恰克的合作正式畫下句號。
    ◎恰克與飛鳥兩人是福岡縣高中的同學,1979年出道,1991年發行的〈SAY YES〉作為人氣日劇主題曲創下銷量280萬張以上紀錄,之後也陸續發行多首熱門歌曲,但在出道30年的2009年時,飛鳥為專心於個人活動,發表恰克與飛鳥將無限期活動終止。而在出道40周年的今年25日,飛鳥涼在官方部落格發出聲明,宣布退出恰克與飛鳥,並表示因為並沒有得到和恰克討論的機會,所以是以”退出”而不是”解散”作宣布。
    ◎在飛鳥聲明發表後,恰克表示對粉絲感到抱歉,但還會為粉絲繼續唱自己的音樂。

    詳細內文:

    AbemaTIMES2019年08月26日 18:56ASKA”チャゲアス脱退”にCHAGEがコメント「僕らの音楽を愛してくれている人の為にも歌い続けたい」
     歌手のASKAが25日、活動休止中のCHAGE and ASKAから脱退することを公式ブログで表明した。
    福岡県内の高校の同級生だった2人は、1979年、フォークデュオ・チャゲ&飛鳥としてデビュー。1991年には人気ドラマの主題歌となった『SAY YES』が280万枚以上を売り上げ、その後も数多くのヒット曲を生み出してきた。しかし、デビュー30周年を迎えた2009年、ASKAがソロ活動に専念するとしてCHAGE and ASKAの無期限活動休止を発表。現在まで2人での活動は休止状態のままだった。
     デビュー40周年を迎えた25日、ASKAは「『デビュー40周年』をもちまして私、『ASKA』は、『CHAGE and ASKA』から、脱退を表明いたします」と公式ブログで報告。また”解散”ではなく”脱退”という表現を使用したことについて、「『Chageサイド』から、会話する時間も設けて頂けませんでしたので、このような形を取らざるを得ませんでした。相棒(Chage)は、まだ『解散』を受け入れていません。ましてや、この『脱退』も受け入れられないでしょう」とつづった。
     このASKAの脱退表明を受け相棒のCHAGEも、「皆様を悲しませてしまったことに責任を感じると共に素直にとても残念な思いです」「僕自身二人で活動して来た事を後悔しないためにも、そして今でも僕らの音楽を愛してくれている人の為にも歌い続けたいと思います」と、コメントを発表している。
    (AbemaTV/『AbemaNews』より)

     

    BLOGOS
    https://blogos.com/article/400218/