SPACE SHOWER NETWORKS發表平成31年第1季的結算結果

  • 流覽次數:: 92
  • 分類: 產業區
  • 分享次數:
  • 作者: 音樂地圖
  • SPACE SHOWER NETWORKS發表平成31年第1季的結算結果

      201808/2217:11

    ◎SPACE SHOWER NETWORKS第1季的集團業績如下,營收為33.28263億日圓,比去年同期增加0.6%。營利為3983.5萬日圓,比去年同期減少80%。經常利益為4285.3萬日圓,比去年同期減少79.5%。母公司股東所屬當季純利益為3193.2萬日圓,比去年同期減少78.6%。

    ◎在第一季中,Suchmos的歌曲被作為「2018 NHK世界杯主題曲」,在各世代中的知名度大大提升。7月開始加強利用網紅的廣告事業,將從事Web動畫製作及SNS帳號管理的GROVE納入關聯企業,預計將開始與SNS相關的內容開發事業。

    ◎在SPACE SHOWER TV事業方面,雖然LIVE活動的贊助收入增加,但為了擴大數位動畫服務等新開拓事業相關成本增加,跟去年同期比營利減少。

    ◎在SPACE SHOWER MUSIC事業方面,雖然所屬藝人的演唱會票券收入增加,但受舊歌的實體及數位收入減少,跟去年同期比營收增加營利減少。

    詳細全文:

    スペースシャワーネットワークは、7月26日、平成31年3月期第1四半期の決算を発表した。

    売上高は、3,328,263千円と前年同期比18,382千円増(同0.6%増)となった。営業利益は、39,835千円と前年同期比159,758千円減(同80.0%減)、経常利益は、42,853千円と前年同期比166,174千円減(同79.5%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は、31,932千円と前年同期比117,332千円減(同78.6%減)となっている。

    第1四半期は、同社所属のSuchmosが「2018 NHK サッカーテーマ曲」に起用されたことで、幅広い世代に対しての認知を拡大した。また、7月にインフルエンサーを利用したメディアプロモーションを主業とし、Web動画制作やSNSアカウント管理等を手がけるGROVEを関連会社化。SNSから新たなコンテンツIPを開発することが予定されている。

    SPACE SHOWER TV事業は、有料放送収入におけるスカパー!サービスの「スペースシャワーTV」配分単価が前年同期比で上昇したことや、ライブイベントの協賛収入が増加したことなどにより売上高は増加したが、デジタル動画配信サービスや新規事業への先行投資コストが増加したことにより前年同期比で減益となった。

    SPACE SHOWER MUSIC事業は、同社アーティストのライブチケット収入が増加したものの、旧譜のパッケージおよびデジタル配信収入がアルバムのリリースの影響により減少したことで、前年同期比で増収減益となった。

    映像制作セグメントは、大型ライブ映像制作の受注が減少したことなどにより減益となっている。

    Musicman

    https://bit.ly/2Lxbv2L