YAMAHA以「樂器擬人化」為主題開始新事業

  • 流覽次數:: 125
  • 分類: 產業區
  • 分享次數:
  • 作者: 音樂地圖
    • 201807/0905:44

    ◎YAMAHA娛樂集團將在2018年秋天,以「樂器擬人化」為主題開始新事業。

    ◎原始計畫和場景設計是かずら林檎,角色設計由花邑まい負責,將讓鋼琴、小提琴等樂器擬人化變成各種角色,這些樂器角色將活躍於YAMAHA集團的專輯出版、音樂分銷、廠牌、音樂製作部門,展開多樣的媒體活動,也計畫提供高品質的音樂及演唱會等活動。

    詳細全文:

    ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスは、“楽器擬人化”をテーマにした新しいエンタテインメントビジネスを2018年秋より開始する。 原案・シナリオにかずら林檎氏(かずら本舗)、キャラクターデザインに花邑まい氏を採用し、ピアノやバイオリン他、複数の楽器を擬人化。楽器擬人化キャラクター達を、ヤマハグループで音楽ソフト事業(出版・音楽配信・レーベル・音楽プロダクション他)を統括する同社を中心に、多様な媒体から展開していく。

    質の高い楽曲コンテンツの提供、本格的なコンサート・ライブ・イベントなども予定しているそうだ。

    Musicman https://bit.ly/2HJ0Vi9