中國騰訊為美國的虛擬娛樂技術公司投資

  • 流覽次數:: 54
  • 分類: 產業區
  • 分享次數:
  • 作者: 音樂地圖
  • 中國騰訊為美國的虛擬娛樂技術公司投資

      202103/1609:52

    ◎中國大型線上音樂公司騰訊音樂娛樂集團發表為美國虛擬娛樂技術公司Wave出資。受疫情影響,藉SNS展開的演唱會人氣增高,騰訊將藉由本次的合作,獲得虛擬娛樂技術。
    ◎Wave利用SNS和影像APP數位發行演唱會影片,目前為止曾為許多歌手如John Legend舉辦過線上活動,騰訊計畫利用相關技術,運用在QQ音樂等平台上進行轉播。
    ◎為防止疫情擴散,參加演唱會等活動的人數減少,音樂業界正面臨活動收入減少的困境,這時候虛擬演唱會市場正備受注目,因為可以減少會場租賃的支出,部分業者認為在疫情緩和後,虛擬演唱會仍能保有一定的市場。

    詳細全文:

    【広州=比奈田悠佑】中国のネット大手、騰訊控股(テンセント)の音楽配信子会社、テンセント・ミュージック・エンターテインメント・グループは19日、「仮想コンサート」制作の米ウエーブに出資すると発表した。新型コロナウイルスの世界流行後、SNS(交流サイト)などを介したコンサートの人気が高まっており、出資でこうしたノウハウを取り込む。

    ウエーブは音楽アーティストのダンスをCGで再現するなどした仮想コンサートのコンテンツ制作を手がける。テンセント・ミュージックは出資で少数株主となり、戦略提携を結ぶ。出資額や比率は公表していない。

    ウエーブはコンサート映像をSNSや動画アプリで配信している。米国の歌手ジョン・レジェンドさんなどのイベントを手がけたことがあるという。テンセント・ミュージックはこうした技術を生かした仮想コンサートを「QQ音楽」などグループのプラットフォームに採り入れる狙いだ。

    新型コロナの感染防止のため、ライブやクラブイベントを避ける人が増えている。音楽業界では収益確保が課題になっており、仮想コンサートの利用が注目されている。会場設営費などがかからずコストを節約できるため、新型コロナが収束したとしても、仮想コンサートは一定の市場規模を保つとの見方もある。

     

    https://reurl.cc/9XN6E8